Balance Heart 香りと癒しのアロマ&ハーブのお店・スクール バランスハート

バランスハートの店長日記

和のハーブ

スクールでは精油、そのもとになるハーブの作用や効能

の話をいつもしています。

しかしハーブ(薬草)としてオシャレなイメージがある西洋のもの

ばかりに目が行きがちでした。。。

先日、ベニシアさんが講演で語られた通り、そこに住む人と

植物は似ているのです(密接に繋がっている)

“森林浴”では森の木々の香り、フィトンチッドに癒されます。

樹木が発する香りは、やはり自らを守るためです。

アロマセラピーでは抗菌作用のあるものとして、、、

seji R.M

ソーセージ保存で有名なセージやローズマリーが思い浮かびます。

確かにそうなんです。しかし地中海沿岸に多いハーブは酸性土壌の

日本では育ちにくかったり、その効果が薄れる場合もあるようです。

では日本では?和のハーブでは何がある?

Hinoki

ジャ~ン!“ヒノキの葉”でございます♪ 

昔から生魚の下に敷いたり、マツタケの下に敷いたり。

ヒノキは葉だけでなく幹や枝も細菌や虫に強いのでまな板

や風呂、桶・椅子に使われてきました。

特に長持ちさせたい建物、奈良の法隆寺が有名ですね!

改めて和のハーブも見直したいですね(^.^)